トップページ ≫ 悪質な勧誘業者

悪質な勧誘業者

家族と暮らしていても勧誘業者に合わないということはありませんが、一人暮らしの場合は特に悪質な勧誘業者に注意です。空き巣や暴行犯などの手口として、まず勧誘業者を装って住人の様子を確認しにくることがあるのです。見知らぬ人が訪ねてきたら、とりあえずドアを絶対に開けないことが大切です。

 

インターホンやドアチェーンごしに対応して、少しでも怪しいと感じたらドアを閉めてしまったほうがよいでしょう。頑丈なドアの部屋でも、少し大きな声を出して対応すれば、ドアごしに話すことは可能です。

 

中には、水まわりの無料点検や盗聴器のチェックを無料で行ってくれるという訪問者です。そうした口実で侵入して襲ってきたり、逆に盗聴器をしかけられてしまうケースもあります。本当にそのようなサービスを行っている業者もいるかもしれませんが、一人のときに室内に上げるなどもってのほかです。マンション内で何らかの点検を行う場合には、前もって予告があるはずです。

 

また、気をつけたいのは、勧誘業者を装って玄関までやってきて、玄関のセキュリティや構造をチェックされてしまうケースです。オートロックの人などは、安易にオートロックを解除しないほうがよいでしょう。

 

対応法にも、課題があります。あいまいな対応でお茶を濁すような返答をしていると、だましやすいと判断されてターゲットにされてしまいます。本当の勧誘業者であっても、遠まわしな断り方をしていると無理矢理契約させられてしまうことがあります。

Copyright (C) 2016 女性の薄毛改善シャンプーランキング最新版 All Rights Reserved.